気候

気候 系統地理

熱帯の気候(熱帯雨林気候・熱帯モンスーン気候・サバナ気候)

赤道付近に広がる熱帯は、年中温暖な気候帯です。 ここでは、ケッペンの気候区分における熱帯について解説します。 熱帯(A) 熱帯気候(A)の気候区ごとの分布。ケッペンの気候区分における熱帯気候に含まれる ...

気候 系統地理

海洋と気候(地中海と縁海・表層流と深層流・エルニーニョとラニーニャ)

地表の7割を占める海洋は、一定方向に流れる海流をつくりながら循環しています。 海流は低緯度地域の暖かい海水を高緯度地域にもたらしたり、高緯度地域の冷たい海水を低緯度地域にもたらします。 このため、大き ...

気候 系統地理

陸水の分類(地下水と地表水)

 

河川や湖沼、地下水など陸地に囲まれた水を陸水といいます。 陸水は地下水と河川や湖沼などの地表水に分けられます。 ここでは、陸水を地下水と地表水に分けて解説します。 地下水とその構造 地下の構造。 1. ...

気候 系統地理

地球上の水循環・水収支と砂漠の形成(雨陰砂漠・海岸砂漠等)

 ,

陸地で水を入手できるのは、水が絶えず地球上を循環しているからです。 ここでは、地球上の水の大循環と陸地の保水力を表す水収支について解説し、水収支がマイナスになる砂漠の分類についてまとめます。 地球上の ...

気候 系統地理

降水と気圧(温帯低気圧と前線・地形性降雨)

生物が生きていくために必要な水は、降水(降雨や降雪)によって陸上にもたらされます。 降水はさまざまな要因で発生し、降水が少ないと地表では砂漠が形成されます。 ここでは、降水の分類と砂漠の形成要因につい ...

気候 系統地理

局地風とフェーン現象(颪・からっ風・清川だし・やませ)

ある地域で一定期間に同じ方向に吹く頻度が最も多い風を卓越風といいます。 卓越風には、恒常風、季節風(モンスーン)、熱帯低気圧、局地風(地方風)などがあります。 ここでは、局所的な卓越風である局地風(地 ...

気候 系統地理

季節風(モンスーン)と熱帯低気圧(台風・ハリケーン・サイクロンと災害)

ある地域で一定期間に同じ方向に吹く頻度が最も多い風を卓越風といいます。 卓越風には、恒常風、季節風(モンスーン)、熱帯低気圧、局地風(地方風)などがあります。 ここでは季節風(モンスーン)、熱帯低気圧 ...

気候 系統地理

恒常風のしくみ(貿易風・偏西風・極偏東風)

ある地域で一定期間に同じ方向に吹く頻度が最も多い風を卓越風といいます。 卓越風には、恒常風、季節風(モンスーン)、熱帯低気圧、局地風(地方風)などがあります。 ここでは、大気の大循環によって引きおこさ ...

気候 系統地理

大気大循環(ハドレー循環・極循環・フェレル循環)

地球を取り巻く大気は、地球の自転や太陽光のエネルギーによって循環しています。 ここでは、地球の大規模な大気の循環について解説します。 大気大循環 地球の大気の循環と恒常風の模式図。円の外側の矢印は地表 ...

気候 系統地理

気候要素と気候因子(等温線図・雨温図・ハイサーグラフ)

 

複雑な要因がからみあって生じる気候について理解するためには、気候をいくつかの要素や要因に分解して考える必要があります。 ここでは、気候を決める要因である気候要素と気候因子について解説します。 気候要素 ...

© 2022 地理ラボ 詳しすぎる高校地理