系統地理 農業

企業的農業(企業的穀物/畑作農業・企業的牧畜・プランテーション)

アメリカ大陸などにみられる販売目的で大規模な作物栽培を行う農業の形態を企業的的農業といいます。
ここでは、ホイットルセーの農業地域区分の中でも、企業的農業に分類される3つの形態(企業的穀物/畑作農業、企業的牧畜、プランテーション農業)ついて解説します。

企業的農業

企業的農業は、商業的農業を大規模化・機械化し、販売目的で単一の作物の大量生産を行う農業形態です。
人口密度が希薄な地域にヨーロッパ諸国から大規模な移民が行われた南北アメリカ大陸やオーストラリア大陸などで見られます。

企業的農業では、広大な農地に対して飛行機で農薬散布を行うなどの機械化を行うことで、単一の作物を大規模に栽培します。
企業的農業が成立するためには消費地までの輸送手段が必要不可欠であり、産業革命がおきた近代以降の世界的な物流や科学技術の発展に伴い成立した新しいタイプの農業形態です。

「企業的」とよばれていますが、必ずしも運営主体が企業とは限りません。
たとえば、米国の養豚業では現在でも家族経営の農家が主流になっています。
「企業的」の意味は、あくまでお金をかけて機械を導入し、大規模化したという意味にとらえてください。

同じく販売目的で作物栽培を行う商業的農業との違いは、企業的農業がアメリカ大陸やオーストラリアなどの新大陸で行われている大規模で機械化された土地生産性が低い代わりに労働生産性が高い農業形態であるのに対し、商業的農業農業は「ヨーロッパで発展した」多くの人手をかけるかわり土地生産性が高い農業形態であるということです。

企業的農業の農業地域区分

ホイットルセーの農業地域区分図。出典を加工して作成。出典:Wikimedia Commons, ©Miyuki Meinaka, CC BY-SA 3.0, 2022/10/1閲覧

商業的農業には次のような農業地域区分があります。
企業的穀物/畑作農業
企業的牧畜
プランテーション農業

ここからは、この3つの農業形態を順番に説明します。

企業的穀物・畑作農業

小麦畑と嵐(米カンザス州)。グレートプレーンズに位置するカンザス州では、大規模農業に適した平坦な土地が広がるため、小麦や大豆、トウモロコシ、綿花などの大規模な栽培が行われている。出典:Wikimedia Commons, ©James Watkins, CC BY 2.0, 2022/11/5閲覧

企業的穀物・畑作農業は単一の農作物を販売目的で大規模に栽培する農業形態です。

少ない人数で広大な耕作地を担うため粗放的で土地生産性は低いですが、飛行機で農薬散布をするなど機械化が進んでいるため労働生産性は非常に高いことが特徴です。
農業の効率化のために、飛行機で農薬散布をしたり、遺伝子組み換えなどの品種改良が進んでいます。

農業機による大豆畑への殺虫剤散布(米イリノイ州東部)。アメリカでは広大な農地を機械化により少人数で耕作する企業的畑作農業が行われている。出典:Wikimedia Commons, Public domain, 2022/11/7閲覧

地域としては肥沃な黒色土が広がる乾燥帯を中心に分布し、北米のプレーリーやアルゼンチンのパンパ、ロシアやウクライナのチェルノーゼムオーストラリア南東部などで行われています。
気候に合わせて同じ作物を栽培する地域が広がるため、北米では栽培地域ごとに春小麦地帯トウモロコシ地帯(コーンベルト)などといった呼び名がついています。

これらの地域は土壌が肥沃な上に機械化・合理化により労働生産性が高く、安値で作物を大量供給できます。
国際競争力が高く世界中に作物を輸出しているため、多くの国がこれらの地域の農作物に依存しています。

企業的牧畜

肉牛用のフィードロット(米テキサス州北部)。米国でよくみられる肉牛用の肥育場である。柵の中に入れて運動を制限するとともに、栄養価の高い濃厚飼料を与えて短期間で集中的に肥育する。出典:Wikimedia Commons, ©H2O, CC BY-SA 3.0, 2022/11/5閲覧

企業的牧畜は、畜産物の販売を行う目的で家畜を大規模に飼育する農業形態です。

企業的穀物・畑作農業同様、粗放的だが合理化が進んでいるため労働生産性は非常に高いことが特徴です。
上の写真は、フィードロットとよばれる施設の風景です。
狭い施設で肉牛を飼育し、栄養価の高い濃厚飼料を与えて短期間で集中的に肥育し、効率的に肉を生産します。

地域の分布も企業的穀物・畑作農業と近く、北米のプレーリーアルゼンチン中部(パンパ)~南部(パタゴニア)オーストラリアの大鑽井盆地などでみられます。
これらの地域はいずれもステップ気候やその周辺の乾燥した地域です。

牧畜では穀物の場合とは異なり、屠殺(とさつ)後の食肉は保存が難しいという問題があります。
南半球のアルゼンチンやオーストラリアの食肉を消費地がある北半球へ運ぶためには、冷凍船により鮮度を保ったまま運ぶ必要があります。
冷凍船による食肉の輸出は1870年代にはじまり、アルゼンチンやオーストラリアからヨーロッパへの輸出がはじまりました。
企業的牧畜はこのような輸送手段の発展に伴って新しく登場した農業形態になります。

プランテーション農業

コーヒーを栽培するプランテーション(ブラジル南東部ミナスジェライス州)。コーヒー豆を採取できるコーヒーノキは寒さに弱く、熱帯のプランテーションで大規模に栽培される。出典:Wikimedia Commons, ©Knase, CC BY-SA 3.0, 2022/11/6閲覧

プランテーションは、熱帯地域の大規模農園で単一の作物を大規模栽培する農業形態です。

元々熱帯では、やせたラトソル土壌のため焼畑農業などの自給的農業が伝統的に行われてきました。
しかし、欧米の植民地支配の過程で、冷涼なヨーロッパでは栽培できない作物を大量生産して本国へ輸出するための農業形態としてプランテーション農業が生まれました。

熱帯の自給的農業は粗放的な農業形態が多いのに対し、プランテーション農業では先進国の技術や資本を活用し、地元民や移民を安価な労働力として活用することで大規模農園を運営します。

栽培する作物は熱帯特有の商品作物であり、嗜好品や工業原料が多くなります。
具体的には茶、コーヒー、カカオ、サトウキビ(砂糖)、タバコ、アブラヤシ(パーム油)、天然ゴム、綿花、果物類(パイナップルなど)があります。

プランテーション農業はその地域の気候に合わせて単一の作物を大量生産するため、場所によっては国全体の経済が特定の作物の輸出に依存している場合もあります(モノカルチャー経済)。
一例として、ガーナのカカオ、キューバのサトウキビ、スリランカの紅茶と天然ゴムなどがあります。

商品作物は市場価格が大きく上下するため、1つの商品作物の価格の下落が国全体の経済に大きな影響を与えます。
そこで近年では、地元民がプランテーションを経営し、栽培する作物の多角化をするなどの動きが見られます。

参考文献

片平博文他「新詳地理B」帝国書院(2020)
ダウエント・ホイットルセー ウィキペディア 2022/10/1閲覧
Derwent Whittlesey, Major Agricultural Regions of the Earth, Ann. Assoc. Am. Geogr. 26 199-240 (1936)
地理用語研究会編「地理用語集第2版A・B共用」山川出版社(2019)
高柳長直「企業的農業の謎―地理用語の再考に向けて―」経済地理学年報 64 238-242 (2018)
企業的牧畜とは コトバンク ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 2022/11/5閲覧
Reefer ship Wikipedia 2022/11/5閲覧
コーヒーノキ ウィキペディア 2022/11/6閲覧
プランテーション ウィキペディア 2022/11/6閲覧
プランテーションとは コトバンク 日本大百科全書(ニッポニカ) 2022/11/6閲覧
モノカルチャー経済とは コトバンク ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 2022/11/6閲覧

-系統地理, 農業