新着記事

地理情報 系統地理

地図投影法:投影方法による分類(円筒図法・円錐図法・方位図法)

地図投影法の分類方法の1つとして、投影方法による分類があります。 地図を作るためには、3次元の地球表面の情報を2次元の平面に落とし込む投影という変換過程が必要です。 この変換過程には様々な手法が存在し、投影により世界地図を2次元の平面上に展開した際に、元々3次元の球体だった地球表面がどのような形で平面に映し出されるのかは手法によって異なります。 このページでは、投影方法による分類として円筒図法、円錐手法、方位図法について解説します。 投影方法による分類 地図投影法を投影方法に基づいて分類したものとして、円 ...

ReadMore

地理情報 系統地理

地図の歴史(バビロニアの世界地図から現代のWebGISまで)

地図の歴史は紀元前まで遡り、長い歴史の中で探検や科学技術の発展により正確で高精度な地図が描かれるようになりました。 現代ではスマートフォンの地図アプリ(Google Mapなど)を利用して誰でも高精度な地図を利用できるようになりました。 このページでは、紀元前に粘土板に描かれた地図から現代の人工衛星とコンピュータを活用したGPSやWeb GISまでの地図の歴史について見ていきます。 地図の歴史 土地の状況を表した地図は文字よりも歴史が古いと言われています。 現存する最古の地図は紀元前6世紀頃に作成されたバ ...

ReadMore

地理情報 系統地理

リモートセンシングのしくみと活用(スマートアグリなど)

上空から地表の状態を撮影・観測する技術をリモートセンシング(遠隔探査)といいます。 人工衛星やドローン技術の発達により、リモートセンシングを活用して地表の状況を効率的・網羅的に把握できるようになりました。 このページでは、リモートセンシングとその活用事例(スマート農業)について紹介します。 リモートセンシング リモートセンシング(遠隔探査)とは、人工衛星や航空機などで上空から地上の土地や地形の状態を測定する技術のことです。 リモート(remote)は英語で遠隔、センシング(sensing)は英語で感知・計 ...

ReadMore

地理情報 系統地理

GISと地理空間情報の活用(位置情報・WebGIS・ビッグデータ)

スマートフォンの地図アプリや天気予報など、様々な情報を地図上に重ね合わせて表示するサービスが普及しています。 このようなしくみを地理情報システム(GIS)といい、現代の生活には欠かせない存在です。 このページでは、地理空間情報とGISの活用事例、WebGISについて説明します。 地理空間情報の活用とGIS 地名や住所、経緯度など人や物の位置に関する情報を位置情報といいます。 位置情報は通常、緯度と経度を組み合わせた座標として表現されます。 現代では、人工衛星(測位衛星)を活用したGNSS(GPSなど)のし ...

ReadMore

地理情報 系統地理

人工衛星による測位(GNSS・GPS・準天頂衛星・電子基準点)

現代では人工衛星を利用して地球上の現在位置を特定するGPSが広く利用されています。 GPSはアメリカが運用するシステムの固有名詞であり、一般名詞としては全球測位衛星システム(GNSS)といいます。 このページでは、測位衛星とGNSS、GPS、電子基準点について解説します。 全球測位衛星システム(GNSS) 第二次世界大戦終了後にアメリカとソ連は互いに対立する冷戦状態に陥り、軍事利用や国内外へのアピールを目的として宇宙開発競争が行われました。 1946年には米国がロケット(V-2)で宇宙から地球を撮影するこ ...

ReadMore

分野別おすすめ記事