系統地理 農業

家畜としての羊(羊毛・羊の品種)

羊(ヒツジ)は乾燥した地域を中心に世界各地で飼育される家畜で、羊毛や羊肉などを生産するために飼育される家畜です。
このページでは、家畜としての羊の概要についてまとめます。

動物としてのヒツジ

研究用に飼育されている羊の群れ(米国北西部・アイダホ州南東部)。羊は群れて行動する温厚な動物であり、乾燥した地域を中心に家畜として利用されている。羊からは羊毛や羊皮、羊肉、羊乳を得ることができる。出典:Wikimedia Commons, Public domain, 2023/9/30閲覧

ヒツジ(羊)はウシ科ヤギ亜科ヒツジ属の動物で、人類に古くから家畜として利用されてきました。
この項目では、家畜としての羊の特徴を理解する前段階として、動物としてのヒツジの歴史と特徴についてまとめます。

ヒツジの起源(ムフロン)

羊の原種であるムフロン(キプロス)。野生のムフロンはキプロス島やトルコ~中央アジアに生息している動物である。現在家畜として飼育されている羊は紀元前6000年頃までにムフロンが家畜化されたものである。出典:Wikimedia Commons, ©Charles J. Sharp, CC BY-SA 4.0, 2023/9/30閲覧

現在家畜として飼育されているヒツジは、ムフロンという動物が家畜化されたものと考えられています。
ムフロンはトルコ東部~中央アジアにかけて生息している動物です。
ムフロンが家畜化されて羊として飼育されるようになったのは古代メソポタミアで、紀元前6000年頃には毛や脂肪を得るために飼われていたようです。

ヒツジはウシよりも乾燥した地域で飼育できます。
これは、ウシが元々温帯の森林地帯に生息していた動物(オーロックス)であるのに対し、ヒツジの原種となるムフロンは乾燥した地域に生息しており、乾燥した気候に元から適応しているためです。

反芻動物

ウシ科の動物であるヒツジはウシやヤギと同じ反芻(はんすう)動物です。
反芻とは、一度胃で消化した草を口の中に戻し、よく噛んだ後に再び飲みこむことで草を消化しやすくする行為です。
反芻動物の胃の中には草(セルロース)を分解してエネルギーを取り出すことができる微生物がいるため、人間がエネルギーとして利用できない草を食べて生きることができます。

草を食べるヒツジは人間と食べ物が競合しないため、家畜として好都合な動物です。
ただし、現代の牧畜では飼育目的に応じて穀物が与えられることがあります。

参考:ウシの反芻(模式図あり)

ヒツジの生態

羊の群れを追い立てて誘導する牧羊犬(ぼくようけん)(米国南部ノースカロライナ州)。画像の犬はボーダー・コリーという牧羊犬用の品種であり、世界で最も使われている犬種である。家畜の羊を害獣から守ったり、羊の群れを先導したり追い立てて誘導し、人間が羊をコントロールする手助けを行う。出典:Wikimedia Commons, ©Scot Campbell, CC BY-SA 2.0, 2023/10/1閲覧

家畜の羊の背中を歩く牧羊犬(ぼくようけん)(オーストラリア西部・西オーストラリア州南西部ヤリガップ)。画像の犬はオーストラリアン・ケルピーという牧羊犬用の品種の犬である。家畜の羊を害獣から守ったり、羊の群れを先導して人間が羊をコントロールする手助けを行う。出典:Wikimedia Commons, ©Martin Pot (martybugs), CC BY 3.0, 2023/9/30閲覧

羊は温厚で臆病(おくびょう)な動物であり、オオカミなどの捕食者から身を守るために常に集団(群れ)で行動しようとする動物です。
そのため、群れから引き離されると強いストレスを感じます。

また、集団でいるときは先頭の個体についていく性質があり、たまたま先頭にいた羊が前へ進むと群れ全体が同じ方向に進んでいきます。
家畜としてヒツジを飼育する際にはこのような性質を利用して、人間が調教した犬(牧羊犬)が群れを先導したり追い立てることで群れをコントロールします。

以上のようなヒツジの動物としての性質は、人間がヒツジを家畜として利用するのに非常に好都合です。
このため、ヒツジは家畜として紀元前6000年以前から利用されてきました。

家畜としての羊

ここからは、家畜としての羊の特徴について解説します。
はじめに羊の品種に付いて紹介し、次に羊から得られる畜産物について紹介します。

羊の品種

家畜として飼育される羊からは、羊毛や羊肉などの様々な畜産物が得られます。
羊の牧畜の形態として大きく分けると、遊牧企業的牧畜の2つの形態があります。
遊牧のような自給的農業では同じ羊から様々な畜産物を得るのに対し、現代の企業的牧畜では用途ごとに最適化された品種を飼育します。

以下では、品種改良によって生まれた代表的な品種を取り上げます。

毛用種

羊毛採取用品種であるメリノ(オーストラリア南東部・ニューサウスウェールズ州)。メリノ種は羊毛採取用に長く伸びた縮れが特徴である。冬場は厚い羊毛に覆われているため寒さに強い。出典:Wikimedia Commons, ©Pixture2016, CC BY-SA 4.0, 2023/10/1閲覧

羊毛を得るために最適化された品種を毛用種(もうようしゅ)といいます。
毛用種は毛が長く伸び、縮れ毛なのでもこもこした見た目です。
毛が途中で抜けないように品種改良されているため、人間が定期的に刈り取る必要があります。
毛が多いため寒さに強い一方、暑さには弱いです。

代表的な毛用種にスペイン原産メリノ種があります。
メリノ種は世界中で飼育されている羊で、やわらかくてさわり心地のよい羊毛は衣類用の動物繊維として使われています。
世界で生産される羊毛の約40%がメリノ種です。
代表的な生産地はオーストラリアで、オーストラリアの羊毛の75%がメリノ種です。
他にもヨーロッパや南北アメリカ大陸など世界各地で飼育されています。

肉用種

羊肉生産用の品種であるサフォーク種の羊。生後7ヶ月の子羊である。出典:Wikimedia Commons, ©J gareth p, CC BY-SA 3.0, 2023/10/1閲覧

羊肉(ラムやマトン)を得るために最適化された品種を肉用種といいます。
羊毛を採取しないため、一般的な羊のイメージの見た目(もこもこした分厚い毛で覆われた外観)からかけ離れた品種もいます。

代表的な品種にサフォーク種(英国・イングランド東部のサフォーク州原産)があり、北海道ではジンギスカン用のラム肉生産目的で飼育されています。

毛肉兼用種

毛肉兼用種であるコリデール種の羊(アルゼンチン南端部・フエゴ島)。コリデール種は南米(チリ、ウルグアイ、アルゼンチン)などで広く飼育されている品種である。出典:Wikimedia Commons, ©Gvasquez assumed, CC BY-SA 2.5, 2023/10/1閲覧

羊肉と羊毛の両方が得られるように品種改良された品種を毛肉兼用種といいます。
毛肉兼用種は1匹の羊から羊毛と羊肉の両方を生産できます。

代表的な品種に、コリデール種(ニュージーランド原産)やロムニー種(英国・イングランド東部ケント州原産)があります。

コリデール種は山地から平原まで様々な環境に広く適応した品種であるため南米のチリやアルゼンチンなどで広く飼育されています。
コリデール種の羊毛は毛布や敷物などの原料に使われます。

ロムニー種は肉用種として紹介されることもありますが、羊毛もカーペットの原料として使われます。
ニュージーランドではロムニー種の羊が約半数を占め、羊肉や羊毛が生産されています。
西隣のオーストラリアでは羊毛の75%がメリノ種であり、羊毛が衣料原料として使われるのと対照的です。

ロムニー種の羊の親子(ニュージーランド)。ロムニー種はニュージーランドで広く飼育されている品種であり、毛はカーペットの原料として使われる。出典:Wikimedia Commons, ©Pam, CC BY 2.0, 2023/10/1閲覧

羊の畜産物

ここでは、羊から取れる代表的な畜産物として、羊毛、羊肉、羊乳(ようにゅう)について順紹介します。

羊毛

刈り取られた羊毛(ウール)(米国南部・アーカンソー州)。やわらかくてさわり心地の良いウールは衣料やカーペットの原料として使われる。出典:Wikimedia Commons, Public domain, 2023/10/1閲覧

羊毛は羊の体毛であり、弾力があり吸水力や保湿性の高い繊維原料です。
品種改良された羊の体毛は抜けないため、人間が定期的に刈り取る必要があります。
刈り取った羊毛を原料として作られた動物繊維をウールといいます。

羊毛は品種ごとに様々な用途があり、毛用種であるメリノ種の羊毛は人間が着る衣類の繊維原料になります。
一方、毛肉兼用種のロムニー種の羊毛はカーペット用、コリデール種の羊毛は毛布や敷物の原料に使われます

主な生産国は、オーストラリア、ニュージーランド、中国です。

羊肉

ジンギスカン鍋とラム肉。羊肉は冷めるとすぐに脂肪が固まるため、脂肪が外側に流れ出るように中央が上にふくらんで外周に溝があるジンギスカン鍋が使われる。羊肉の脂肪にはくさみがあるため、脂肪を外側に流すことでくさみを除く効果もある。出典:Wikimedia Commons, ©mdid, CC BY 2.0, 2023/10/1閲覧

羊肉は羊を屠殺(とさつ)して得られる食肉です。
生後1年未満の羊(肉)をラムといい、1年以降の羊(肉)をマトンとよびます。

羊肉は主に地中海周辺~アフリカ・中東~インドや中国で食べられています。
中東ではイスラム教の影響で豚肉を食べないことから、代わりとなる羊肉が重宝されています。

羊肉は冷めると脂肪がすぐに固まるため、熱いまま食べる焼肉料理や水炊きに向いています。
北海道のジンギスカンでは、脂肪を落とすために中央が上にふくらんで外周に溝があるジンギスカン鍋が使われます。

主な生産国は羊毛同様、オーストラリア、ニュージーランド、中国です。

羊乳

羊乳(羊のミルク)から作られたチーズ。羊乳は脂肪分が多いため、そのまま飲むよりもバターやチーズのような加工品用に使われる。羊乳で作ったチーズは脂肪分が多いため濃厚な味わいになる。ヨーロッパ各国はチーズなどの乳製品の生産が盛んであり、様々な種類のチーズが食べられている。出典:Wikimedia Commons, ©Silar, CC BY-SA 4.0, 2024/1/24閲覧

羊からとれる乳を羊乳(ようにゅう)といいます。
羊乳は牛乳と比べて脂肪分が多いため、そのまま飲むよりもチーズやバター、ヨーグルトの原料として使われます。

生産量と輸出入量

ここでは、羊の飼育頭数と羊毛の生産量・貿易についてまとめます。

羊の飼育頭数(2017年)。出典:データブックオブ・ザ・ワールド2020年版 p66 二宮書店

最初の羊の飼育頭数です。
羊は中国やインド、ナイジェリアなどの人口が多い国が上位にくる他、スーダンやイラクなどのアフリカ~中東の比較的乾燥した地域で数多く飼育されています。
これらの国では、輸出よりも国内消費目的の自給的な牧畜形態が中心です。
一方、オーストラリアでは広大な土地を利用した大規模な牧畜(企業的牧畜)により羊肉や羊毛を大量生産・輸出しています。

羊毛の生産量(2013年)。羊から刈り取ったままの原毛に関する統計である。出典:データブックオブ・ザ・ワールド2020年版 p66 二宮書店

2番目の表は羊毛の生産量です。
羊毛の生産量は人口が多い中国が最も多いです。
次いで、輸出目的で羊毛を生産しているオーストラリアとニュージーランドです。
面積が広いオーストラリアと島国で面積が狭いニュージーランドでは生産量が大きく異なります。

上位3か国以外は生産量が少なくなりますが、羊毛の生産が盛んなイギリスが続きます。
イギリスは寒冷で農業に向かないため伝統的に羊の牧畜が盛んであり、18世紀の産業革命時により羊毛を使った毛織物工業が発展しました。

イギリスに次いで中東のイスラム教国であるイラン、モロッコが続きます。

羊は乾燥や寒さ(特に毛用種)に強いことから、ヨーロッパと中東の国が両方上位に現れます。

羊毛の貿易(2013年)。羊から刈り取ったままの原毛と洗い上げ羊毛の両方の合計である。出典:データブックオブ・ザ・ワールド2020年版 p66 二宮書店

3番目の表は羊毛の貿易(輸出入量)です。
羊毛の輸出量上位は生産量上位のうち、イギリスとその旧植民地各国(オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ)です。
人口が多い中国や中東の国々では、生産した羊毛の多くが国内で使われる傾向があります。

一方、輸入国は人口が多い中国とインド、西ヨーロッパの先進国であるイギリス、ドイツ、イタリアが並びます。
イギリスとドイツは輸出量と輸入量の両方で上位に位置し、国境を越えた貿易が盛んに行われていることがわかります。

参考文献

ヒツジ ウィキペディア 2023/9/30閲覧
ヒツジ(ひつじ)とは? コトバンク 日本大百科全書(ニッポニカ) 2023/9/30閲覧
Mouflon, Wikipedia 2023/9/30閲覧
地理用語研究会編「地理用語集第2版A・B共用」山川出版社(2019)
反芻 ウィキペディア 2023/9/30閲覧
羊のごはん−穀物肥育と牧草飼育  羊齧協会公式サイト 新羊社通信 2023/10/9閲覧
牧羊犬 ウィキペディア 2023/9/30閲覧
めん羊の品種 公益財団法人 畜産技術協会 2023/10/1閲覧
羊の種類とウールに関する詳しい特徴 長尾商事株式会社 2023/10/1閲覧
Merino, Wikipedia 2023/10/1閲覧
WOOL [ウール]-100% WOOL 東洋紡糸工業株式会社 2023/10/1閲覧
サフォーク種 ウィキペディア 2023/10/1閲覧
Corriedale, Wikipedia 2023/10/1閲覧
ウール ウィキペディア 2023/10/1閲覧
Lamb and mutton, Wikipedia 2023/10/1閲覧
ジンギスカン (料理) ウィキペディア 2023/10/1閲覧
データブックオブ・ザ・ワールド2020年版 二宮書店

-系統地理, 農業